害獣による被害|鳩は駆除業者に追い払ってもらえます|綺麗な家は害獣がいない
作業スタッフ

鳩は駆除業者に追い払ってもらえます|綺麗な家は害獣がいない

害獣による被害

家

問い合わせからの現地調査とヒアリングが重要

害獣による被害を感じた場合は、まず害獣駆除専門会社に電話やメール、ファックスなどで一度相談をするのが肝要です。この時点でハクビシンとの認識がなくても糞尿被害や農作物の食害、騒音被害があった時点で業者に相談をしておけば、もし調査で別の害獣と分かってもすぐにその害獣対策をしてくれるためです。 害獣駆除専門会社に相談すると、お客の都合の良い日に伺ってくれて、現地調査をスタッフがしてくれます。またそれと同時にヒアリングがあるので、具体的にどういった被害があったのか、またどんな異変が起きているのかをスタッフに話します。この現地調査とヒアリングによって、ハクビシン駆除を行うか決定し、駆除をすることになった場合は見積提案の合意後に改めて都合の良いに、ハクビシン駆除を請け負ってくれます。

山里の民家だけでなく都市部からの駆除依頼も増加

その生息域は本来は山里の近くなどに限られていたのがハクビシンです。しかし宅地開発による自然の減少もあって、現在ではハクビシンは都市部にも現れるようになっています。このため害獣駆除専門会社に依頼をするケースも、かつてのように山里の民家に住む人だけでなく、都市部の住宅に住む人や、店舗経営者、オフィスの運営者などからのハクビシン駆除依頼も増加しています。それに伴って被害も多様化しているのが特徴の1つです。山里での被害のように農作物の食害だけでなく、ビルに侵入してのダクトの汚染や店舗商品への被害なども出ています。またビル内のケーブル類が糞尿で傷んだりといった被害も発生しています。このような状況からハクビシン駆除は都市部の人にも必要とされています。